学資保険の選び方 子供の学資保険の比較情報館

sponsord link

子供の保険 貯蓄か保障か?

子供の為に保険にはいるとき、たくさんあるこども保険のなかから
自分の家庭にどのタイプの保険が必要なのかじっくり考える必要があります

こども保険とは?の記事でも書きましたが学資保険は教育費の捻出の為の貯蓄重視型です。

なので子供がケガや入院、手術などをした時の保障重視型とは基本的に異なりますので注意が必要です。

また両方を兼ねている保険もありますが、個人的には別に加入したほうがよいとおもいます

私自身が、学資保険と、医療保険を別々にはいったということもあるのですが、それは、やはりそれぞれに特化している保険にはいったほうが保障の面でもきちんとしているというのが第一点。

生活スタイルの変化や成長にともなってどちらかの保障を見直しやすいという利点もあるからです。(実際、途中で教育費捻出目的の学資保険の見直しをすることになりました)

ただ何度もいうように、自分が何に重きをおくかで各家庭によって異なってきますので、しっかり考えて入ることをおすすめします。

sponsord link
学資保険ママ at 07:55 | Comment(0) | 学資保険の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の教育費いくらぐらいかかるのか?

公立私立別の教育費

     公立     私立
幼稚園  465,904円    1,038,076円
小学校 1,637,712円    5,170,080円
中学校 1,312,254円    3,695,157円
高校  1,584,585円    3,091,707円
大学  7,469,200円    10,455,200円

合計 12,469,655円  23,450,220円

※ 小学校 : 平成12年 UFJ銀行調べ
幼稚園〜大学 : 平成14年 文部科学省調べ


公立でも大学までにかかる費用は1200万円ほど。
自分も子供を生んだときに1000万円以上もかかる現状に驚きました。

上記の教育費を全て学資保険でまかなう必要はありません。

また記事にしますが私は15歳(高校入学にあわせて)に100万円
18歳(大学入学にあわせて)に300万円もらえるアフラックのこども保険に加入しました。

やはりどれだけかかるかを考え、自分できちっとためれる自信がなかったため子供が産まれてすぐに加入をしたのです。

sponsord link
学資保険ママ at 07:33 | Comment(0) | 学資保険の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。