学資保険に入る前にすること 子供の学資保険の比較情報館

sponsord link

学資保険と家庭の生命&医療保険などの見直しもしよう!

学資保険を考える際に、自分達の保険も是非見直す機会をつくってみてはいかがですか??

学資保険に加入する前にチェックすること&大事なことでも、学資保険や子供保険で

「自分達がどの場合の保証を一番重要視するのか、また金額でどのくらいの保障がよいのか」

じっくり考えてみることが大切だとかきました。


女性の場合はお子さんが産まれる時期の20代〜というのは女性独特の病気(乳がん・子宮がんなど)にかかりやすい時期でもありますから

女性専用の保険

というものを考える必要もでてきます。

「女性の為の保険 選び方のコツ!」←参考になさってください。


私も、保険の見直しを学資保険に加入する際に一緒に行いました。

全然無駄といったらいいすぎでしょうが、若い私達夫婦にはあわない生命保険にはいっていたり、医療保障が足りなかったりしていました。


考え方の一例ですが、例えば、私が目からうろこだったのは
生命保険は死ぬ確率の高い定年を超えてからも必要だったとおもっていたのですが

「子供が成人するまでの働き盛りの時期を手厚く保証するのがベター」という考え方をするのです。

よく考えてみたらそうですよね(笑)

保険はいざという時に必要な保障ですから、例えば生命保険は年を取って寿命をまっとうする、などの年齢になればほとんどの方は必要なものは周りに迷惑にならない程度の葬式代やお墓代ぐらいになるでしょうか?

大切なのはたくさんの保険をみて比べて、自分にあった保障、必要なものを選び出すことです。

かといってたくさんの保険会社に連絡するのも面倒というかたは比較サイトや一括資料請求サイトを賢く活用したらいかがでしょうか?

日本最大級の保険一覧比較サイト「保険市場」


保険市場は169商品の保険(生命保険・医療保険・学資保険など)をとりあつかっており
比較も出来ますし資料請求も一括でできるので便利です。

面倒なしつこい営業などもなくこういうのもうまく活用したいですね

sponsord link
学資保険ママ at 07:18 | Comment(0) | 学資保険に入る前にすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学資保険に加入する前にチェックすること&大事なこと

学資保険に入る前にまずすることは将来設計と現在の家計の状況の把握です。

自分なら次の場合の保障を一番重視するのか、金額にしてどれくらいの満期学資金や給付金、保険金があれば良いのかを考えてみましょう

・大学へまですすむにつれて膨らんでいく学費
・収入源になっている自分達が働けなくなった場合のこどもの生活費
・万が一自分達がが亡くなったときのこども達の生活費や教育費
・万が一自分の子供がケガや病気をした場合の治療費
・自分の子供が他人の子供にケガや物を壊してしまった時



万が一のことを考えたらきりがないと思う人もいるでしょうが、最低限の保障として考えることで安心料ととることが出来ます。

最低限ということにボーダーラインを自分でしっかり設定し、
ポイントをおいておかないと、保障の限度を決めることができず、保険料はどんどんふくらんでしまいます

自分達がどの場合の保証を一番重要視するのか、また金額でどのくらいの保障がよいのかじっくり考えてみてくださいね。

家計に支障をきたすほどの支払いになるのも考え物ですから。

学資保険に加入の際は、将来、子供が何人くらいになるかも考慮しておき、家計に見合った保険料にしておくことがポイントです



sponsord link
学資保険ママ at 21:18 | Comment(0) | 学資保険に入る前にすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。